自分のやり方次第では必ずしも年齢は婚活でネックとはならない

婚活と年齢

 

現在の日本では晩婚化が急速に進んでいて、いわゆる結婚適齢期を過ぎた30代40代の方でも独身でいる事は珍しくありません。

 

また、そのような事から30代40代になって婚活を行う方も増えてきています。

 

しかしそのような方が感じる不安として、年齢を挙げる事ができます。

 

これは特に女性に顕著に見られ、多くの女性が年齢をハンディキャップに感じてしまい積極的になれずにいます。

 

また基本的に男性は若い女性を好むと言うイメージがありますので、そちらも積極的になれない要因の一つになっています。

 

 

ただ、これは一般的な婚活パーティーなどに限った話になります。

 

例えば年齢制限のあるパーティーなどでは大きな問題になることは少なく、逆に有利に働く事もあります。

 

仮に自分が30歳だった場合30代限定のパーティーなら自分が最も若い可能性がありますし、それは40代でも同じことが言えます。

 

 

婚活パーティーだけではなく、婚活サイトや婚活アプリも同様で、自分と同年代の婚活男女を選べば、年齢による有利不利はありません。

 

要するに、婚活は工夫次第で年齢的な問題は解決できることになります。

 

なお最近ではニーズに応えるために様々な婚活のパターンが用意されています。

 

例えば30代女性と20代男性限定や40代男性と30代女性限定などがありますので、自分の希望に合ったパーティーを選ぶことが可能になっています。

 

恋活と婚活の違いは、ときめきや好き嫌いを超えて、相手のために責任をとることができるかどうか

婚活と年齢

 

なんとなく違うような気はするけれど、いざ考えてみると違いについてちゃんと考えたことのない「恋活」と「婚活」の違い。

 

みなさんは今までにその違いについて考えたことがありますか。

 

なければ、今、少しだけ考えてみてください。その答えは何でしょうか。

 

この年齢になったら婚活になる?女(男)だから恋活と婚活を分けてる?精神年齢が大人になったら?色々と考えられるかもしれませんが、「ときめきや好き嫌いを超えて、相手のために責任をとることができるかどうかの違い」最も大きな違いではないでしょうか。

 

「恋活」の場合、とりあえず好きな相手を探す活動を行います。

 

尽くせる相手、一緒に歩けて友達に自慢できる相手、いつでも優しい人などを、合コンや街コンや友達の紹介等で見つけます。

 

例えば、少女マンガやテレビドラマのような劇的な出会いで好きな人が欲しいと思うことはどちらかというとこちらです。

 

「婚活」の場合、方法は恋活と同じですが、求めるのは好きな相手というだけではなく、ずっと一緒にいることができる相手というのが加わります。

 

そして、ずっと一緒にいると相手のために責任をとることは必ず生まれます。

 

例えば、相手がしたことのために謝罪すること、挨拶をすること。恋人の場合は避けることもできますが、結婚相手の場合は避けられません。

 

恋活と婚活の違いは、ときめきや好き嫌いを超えて、相手のために責任をとることができるかどうかと言えます。