年齢は婚活で最重要も、ある程度工夫すればカバーすることも。

婚活 年齢

 

婚活において不利な事の一つに年齢を挙げる事ができます。

 

これは非常に大きなポイントで、特に女性にとっては大問題ににもなっています。

 

と言うのも基本的に男性は若い女性を好む傾向が見られますので、例えば同じ婚活パーティーに20代の女性と30代の女性が居た場合は20代の女性の方が人気が高くなります。

 

もちろん例外もありますが、基本的に婚活は若いほど有利とされています。

 

しかし、この不利なポイントは工夫次第で解消できます。

 

それは年齢を限定した婚活パーティーに参加する事で、そもそも有利不利はスタート地点の話になります。

 

なので、30代限定の婚活パーティーなどはほぼ同じラインからのスタートになります。

 

なお、年齢はジェネレーションギャップの問題にも繋がっています。

 

例えば業者によっては、20代男性と30代女性の限定婚活パーティーなどがあります。

 

しかしそのような場合でも、話題が問題となって交際に発展しないケースは多々あります。

 

またそれは男性が年上の場合でも同じで、基本的に年齢差は埋めがたいものになります。

 

ただし、これは婚活パーティーなどと同様に努力次第で十分にカバーする事ができます。

 

最近はインターネットが発達していますので、流行りの物を調べることが簡単にできます。

 

なので事前に知識を身につけておくことでジェネレーションギャップはある程度埋める事が可能になります。

 

自分の年齢や職業を活かした婚活方法もある

婚活 年齢

 

婚活では有利になるポイントと言うものが存在しています。

 

そのポイントは大きく分けて2種類あり、一つは年齢でもう一つは職業になります。

 

まず年齢についてですが、基本的に男性は若い女性を好む生き物ですので20代の女性などはそれだけで有利になると言えますし、それは若い男性にも同じことが言えます。

 

最近では晩婚化の影響で、30代40代の女性でも独身でいる事が多くなっています。

 

そのような女性は同年代の男性よりも年下の男性を好みます。なので、男性でも女性でも若い事は非常に有利に働く事になります。

 

ただし、そのメリットは年齢を限定したパーティーなどでは効果が薄くなります。

 

例えば自分が25歳だった場合には20代限定の婚活パーティーに参加するとやや不利になる可能性が出てきます。

 

次に職業に関してですが、こちらの場合は医療関係や教職員、福祉関係の職についている方が有利になります。

 

一般的に看護師や保育士などは人気の高い職業になりますし、医師や教師も高い支持を集めています。

 

しかし、この場合も年齢を同じ様に限定の婚活パーティーの場合は効果が薄くなります。

 

なのでこのような職についている方はできる限り限定のない婚活パーティーに参加する事が重要になります。

 

婚活アプリは無料で使う