婚活ツアーは1度で仲良くなれる機会が多いのが特徴的

婚活イベントや婚活ツアー

 

一口に婚活といっても、様々な婚活方法がありますが、中でも初対面の人とじっくり時間が取れる婚活ツアーに参加する方法は、初対面の短時間で自分自身をアピールする事が苦手という人にお勧めでしょう。

 

婚活を運営する企業が最近では旅行ツアーやイベント参加型のツアーとして企画する事も多く、趣味の延長線に婚活も一緒に進めれるとして、共通の趣味を持った人を見つけれる等のメリットがあります。

 

 

ツアー婚活のポイントはいくつもの段階で異性と交流を深めれらるイベントがあることです。

 

バスで移動する際や移動後の自由時間等声掛けをする事が幾度となく繰り返されるので積極的に声をかけたい所でもあります。

 

食事やイベントを一緒にする場面では異性の些細な行動でも好感を持ってもらえるポイントもいくつかあります。

 

あくまで団体行動で動くので協調性を持って参加する事であまり積極的に参加していない人よりは好感を持ってもらえるシーンが多々あるでしょう。

 

 

もちろんフリータイムで各々話すシーンでは自分を積極的に出しすぎるのも難しい所です。

 

聞く割合を7割、自分の事を3割が理想と言われているようにツアー型の婚活でも相手が話しやすい状況をさりげなく作ってあげる事も大切でしょう。

 

⇒婚活・お見合いバスツアー&のり愛バス専門サイトのTKK TRAVEL

 

社内での婚活は飲み会がポイント

職場で婚活

 

では、アウトドアの婚活である「婚活ツアー」とは対照的に、インドアの婚活?職場、社内での婚活について考えてみます。

 

社内で上手に婚活をするコツは、まず社内恋愛が認められているか禁止されているかを最初に確認することです。

 

会社によって社内恋愛に対する考え方は違うため、まず最初に確認しておかなければ後々にトラブルが起こる可能性があります。

 

 

社内恋愛が認められている会社であれば、まずは同期や同じ部署内で親睦を深める方法がおすすめです。

 

社内にどんどん知人や友人を増やし、ネットワークを築くことによって自分の婚活をスムーズに運ぶことが可能となります。

 

忘年会や新年会などに顔を出すのはもちろん、自主的に飲み会を開くのも婚活になるでしょう。

 

 

近頃は会社が主体となって社員同士の婚活を推奨しているケースもあるため、そのような方法を選ぶのもおすすめです。

 

社内で婚活を進めていき、恋人となる相手ができた場合には仕事に支障をきたさないようにプライベートと仕事をきちんと両立することが重要です。

 

そうでなければ上司や同僚らに冷やかしや注意をすぐに受けてしまいます。

 

そのため会社内で婚活をすると決めたのであれば、自分が受け持つ仕事を完璧にこなしていく心がけを持つことが重要です。

 

このようにいくつかの方法がありますが、会社内で婚活を上手に進めていくためにどれも必見です。

 

職場での出会いが望めないなら婚活サイトや婚活アプリ

婚活アプリで出会う

 

とはいえ、婚活男女のほとんどは職場での出会いがない男女がほとんどです。

 

そういった場合は、積極的に身近な自分が出来る婚活をやっていくほかありません。

 

代表的なのは婚活サイトや婚活アプリを使ったネット系、または婚活といえばお見合いパーティーなどでしょう。

 

どちらが良いとか悪いとかはなく、個人の向き不向きですので両方やってみるのが良いと思います。

 

 

あまり対面で話すのが得意ではない男女や、仕事が忙しくて時間がない方、また安価で婚活を始めたい男女などは婚活サイトや婚活アプリから始めるのが最も出会いやすい婚活方法です。

 

婚活アプリは無料で使う