婚活サイトや婚活アプリの掛け持ちは婚活では当然のこと

婚活アプリ 掛け持ち

 

婚活サイトや婚活アプリなどを使って同時進行で掛け持ちすることはごくごく自然かつ当然のことです。

 

婚活を行う上で多くの方が気にするのが、良い相手と出会えるかどうかと言うものになります。

 

これは、そもそも婚活が結婚を強く意識したものなのである意味では当然の結果と言えます。

 

そしてその良い相手と出会うためにはできる限り多くの婚活サイトや婚活アプリに登録したり、婚活パーティーに参加する事が重要なポイントになります。

 

婚活サイトなどに登録している方で一部の男女が掛け持ちや二股はダメなのではないかと考えていますが、基本的に問題はありません。

 

例えばAと言うと言う業者に登録していた場合、良い相手と出会えないならBと言う業者にも登録する事は当然の権利になります。

 

また、多くの業者は掛け持ちや二股を規制する規約は設けていません。

 

なので、極端な例だと婚活サイトや婚活アプリを10社を掛け持ちしていると言う方もいらっしゃいます。

 

婚活サイトや婚活アプリの掛け持ちは効率的に婚活を行う為にも有効な手段になります。

 

例えば一週間に一回しか婚活パーティーに参加しないなら残りの六日間は出会いのチャンスが無いと言う事になります。

 

なので、その空いた時間を他の婚活サイトや婚活アプリで埋める事は非常に効率的と言えます。

 

複数掛け持ちする事はその分の費用が必要になりますので、男性はその点は注意しておきましょう。

 

女性は無料で使える婚活アプリも多いので問題なく掛け持ちしてOKです。

 

婚活アプリは無料で使う

 

婚活で運命の人に出会うための考え方とは

婚活アプリで出会う

 

婚活で「運命の人」と出会うことを目指すなら、自分の凝り固まってしまった理想を捨てることも必要です。

 

ルックスが良くて、性格が良くて、稼ぎの良い仕事をしていて、家事もよく行い、趣味も一致していて、話も合い、セックスの相性も合う…そんな「完璧すぎる人」などはこの世にいないのだと思ってください。

 

「100点」の理想を追い求めすぎてしまうあまり、「80点」の人と関係を深めるチャンスを逃してしまい、気が付くと、自分を「50点」扱いする相手からしか望まれない自分だけが残っていた…それはあまりにも惨めな結末だとは思いませんか?

 

相手を見極めるポイントとして心得ておくとよいのは、「(お相手が)ダメなところはあっても、イヤなところはない」のでは、という視点です。

 

「ダメ」なところは、程度が行きすぎない限りは、たいがい許せるものです。

 

しかし、生理的に「イヤ」なところというのは、なかなか我慢できないものです。

 

我慢できないとストレスが溜まってしまい、よい関係、よい暮らしは築けません。

 

相手の「ダメ」なところが、笑い飛ばせる程度のものなら、寛容の目で見守ることにしましょう。

 

そうした点は、ふたりの新生活に入ってから徐々に直していけばいいのです。

 

しかし、「イヤ」なところがあまりにも目につくようなら、それは二人の相性に危険信号が灯っている可能性もあります。それについては見極めが必要となります。